1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしに必要なカーテンの選び方と種類
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしに必要なカーテンの選び方と種類

初めて一人暮らしをする場合、家具や家電など生活に必要なものを買い揃えると思います。
引越しする日までに完全に集める人や、生活が始まってから徐々に必要なものを買う人など様々でしょう。
一人暮らしをしたことがある人は、元々持っているのでわざわざ買う必要はないかもしれません。
もしくは、部屋のテイストにあわせて買い替える人もいるでしょう。
これから始まる新生活を彩る家具や家電などを買うと、わくわくする人もいると思います。
レイアウトが好きな人は、家具を見るだけでもイメージが膨らんで楽しいのではないでしょうか。
自分好みの部屋を作って新生活を楽しみましょう。

カーテンの必要性

賃貸物件を借りる際、ほとんどの部屋には窓が付いていると思います。
そのため、多くの人がカーテンを買うでしょう。
カーテンがないと、外から部屋が丸見えになってしまうのでプライベートな空間とはいえないでしょう。
カーテンがあることで、自分の空間を確立することができるのではないでしょうか。
寝室のカーテンは特に重要な役割があります。
安眠するためには、環境作りが大切になってきます。明るい部屋で熟睡できる人は少ないのではないでしょうか。
ほとんどの人が、睡眠時には暗く静かな環境を求めます。
夜は、外灯や建物の明かりが差し込まない限り、明るさは気にならないでしょう。しかし、朝は太陽が昇るので明るくなります。
特に夏は朝が来るのが、早いと感じるでしょう。太陽の昇る時間が早いため、まだ寝ていたいと思っても明るさで目が覚める人もいると思います。
早起きは三文の徳といいますが、休日はゆっくり寝たいと思う人が多いでしょう。一人暮らしの生活は自由に過ごすことができます。
安眠できる環境を作るため、寝室のカーテンは遮光性の高いカーテンを選ぶといいでしょう。

カーテンの種類と選び方

カーテンの大きさを把握するために、窓のサイズを測りましょう。
カーテンは規定サイズで売られている物と、サイズに合わせて作ることができるオーダーメイドカーテンがあります。
通常の窓のサイズであれば、規定の物で不便はないでしょう。こだわりがある人は、オーダーメイドにすると部屋にあわせて色や素材を選ぶことができます。
カーテンは部屋の中でも広い面積を占めるので、色や柄によって部屋の雰囲気をガラッと変えることができるでしょう。
それを頭に入れて選ぶ事で、部屋に合うカーテンが見つかると思います。
女性の一人暮らしの場合は、ピンクや花柄などはできれば選ばないようにしたほうがいいです。
外から見て、女性の一人暮らしと分かる物は防犯面を考えて避けたほうがいいでしょう。
家具や家電を買うときでも、一人暮らしの安全を考えて選ぶといいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしに必要なカーテンの選び方と種類 ページ上部へ戻る