1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸アパートは家賃だけではなく更新手数料が必要
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートは家賃だけではなく更新手数料が必要

賃貸アパートを借りて、あとはもう家賃を払うだけだと思っている人も、中にはいるのではないでしょうか。
そんな人は引っ越しをして何年かして、更新料の請求書が届いたときにはびっくりしてしまうでしょう。
予想外の出費は貯金があったとしても厳しいものですが、お金に余裕がないときには尚更大変です。
急にそんなお金払えない、ということにならないように賃貸アパートに住み続ける為には、更新料が必要だということを知っておきましょう。

賃貸アパートの更新料は何年毎に支払うのか

更新料は賃貸契約の更新をするときに支払うものです。
一般的には2年の契約期間の賃貸アパートが多いので、2年ごとに更新料を支払うということになります。

賃貸アパートの更新料の金額はどれくらいなのか

更新料を払わなければならないと知って気になるのは、どれくらい掛かるのかということではないでしょうか。
更新料を払う為にお金を貯めるにしても、金額が分からなければどうしようもないですよね。
一般的に更新料は、家賃の1ヶ月から2ヶ月分位かかると思っておきましょう。
また、不動産会社が仲介している場合にはその他にも不動産会社に支払う手数料が必要な場合があります。
これは更新手数料とか更新事務手数料という名目で、更新などの手続きを不動産会社が行った場合に不動産会社に支払うお金です。
更新手数料あるいは更新事務手数料の金額は、1万円から数万円程度が相場のようです。
ただし、首都圏では更新料の中から不動産会社に支払われることもあるので、入居者が更新事務手数料を支払わないケースも多いようです。

更新料はどの賃貸物件でも必要なのか

賃貸アパートではありませんが、都市公団の賃貸物件は更新料が必要ありません。
また、住宅金融公庫融資物件の賃貸物件も更新料が必要ありません。
地域によっても更新料がない所もあるので、住んでいる地域が更新料の必要のない地域の可能性もあります。
更新料の必要な地域で更新料を支払いたくない人は、更新料の不要な賃貸物件を探してみるといいかもしれません。

賃貸アパートの契約更新

更新料は賃貸契約の更新をするときに発生するものですから、当然そのときに契約の更新をせずに解約することも考えられます。
その場合は、もちろん更新料は掛かりません。しかし、多くの契約が退去時の予告期間が定められているのでその期間に応じて更新するか、退去するかの回答が必要となります。
指定された回答期間を過ぎてから賃貸アパートを退去する場合には、回答期間をたった1日過ぎただけでも更新料は発生します。
更新料は日割りにならないことが多いので、契約の解除をする場合には気をつけるようにしましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸アパートは家賃だけではなく更新手数料が必要 ページ上部へ戻る