1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 老後の一人暮らしの不安を解消する努力をしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の一人暮らしの不安を解消する努力をしよう

日本では、結婚しないで生涯独身のままの人が増えています。
また一人っ子の家庭も多いので、核家族化が進んだ現代では子供が結婚すると一人暮らしになる人も多いでしょう。
そんな人達は老後の一人暮らしに多少なりとも不安を感じているのではないでしょうか。
その不安の中でも最たるものは、やはり金銭面と健康面でしょう。
その不安を解消するには、今からでも貯金に励むことも必要なのではないでしょうか。
また、一人暮らしの場合は死亡保険よりも大切なのは、病気に備えた医療保険とがん保険でしょう。
女性ならば女性医療特約などのプランのあるタイプを選ぶとか、要介護状態になったときに給付金が下りるタイプの保険に加入するのもいいでしょう。
備えあれば憂いなしです。

老後は人間の繋がりが大切

老後の一人暮らしでも、友人や近所の人と話しができれば孤独を感じないでしょう。
年をとってから急に親しい友人を作ろうと思っても難しいものです。
その為には今の人間関係を大切にして、お互い助け合いができるような関係をずっと繋がりを持ち続けることが大切です。
そのような人間関係を築いておけば、老後の一人暮らしで病気になったときでも、またお互いに助けあうことができるでしょう。

老後は急にやってくる訳ではない

仕事も定年になりすることがない老後の一人暮らしで、ただただ無為に毎日を過ごすのは勿体ないです。
外国では定年退職してからの人生が本番だという考え方があり、定年を楽しみに待っている人もいます。
定年した後は自分の好きなことだけをする、自分らしい生き方ができる時代だという考え方です。
旅行やガーデニングや家庭菜園など、様々な趣味に生きている人が多いようです。
でも趣味を楽しんで老後の生活を豊かにしようと思っても、定年になってから急に趣味を探そうとしてもなかなか見つかるものではありません。
それは、老後は今の生活の延長であって急にやってくる訳ではないからです。
今、仕事だけではなく趣味や社会活動など打ち込めるものを探しておくと、定年後も精神的に充足した生活を送ることができるでしょう。

老後は誰にでも平等に訪れます。
今のからでもお金を貯めることは可能ですし、健康に気をつけた生活を始めることもできます。
今から人間関係を築くことも、趣味をみつけることも可能です。
できることは努力をおしまずに頑張れば、老後の一人暮らしにたいする不安を解消することができるのではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

老後の一人暮らしの不安を解消する努力をしよう ページ上部へ戻る