1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多で生活をしていくときには台風対策を忘れずに
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多で生活をしていくときには台風対策を忘れずに

日本は地震や台風、火山など自然災害にあう確立が高いといえる国です。
普段から災害への備えをしておくことで、毎日安心して暮らしていくことができるのではないでしょうか。
地震の場合ですと、家具を固定しておくと安心できます。
また、家を建てる場合には免震構造や耐震構造など、建物から地震への対策をしておくといいかもしれません。
避難するときに持ち運ぶ荷物や食料などを、わかりやすい場所に置いておくだけでもいざというときに役立ちます。
事前に備えをしておくことで、万が一のときも落ち着いて行動することができます。
そして日本には年間にいくつもの台風が上陸します。
勢力が強いまま上陸することもあり、けが人などが出てしまうことも少なくありません。
九州地方は台風が上陸することが多く、対策をしている方も多いかもしれません。
九州地方でも多くの人が住んでいる、福岡県福岡市、博多にお引っ越しをするという方も多いのではないでしょうか。
これから博多で生活をしていくという方は、まず台風への対策について考えてみましょう。
博多で楽しく安全に生活をしていくためにも、しっかりとした対策を行っていくことが大切です。

博多で生活を始めるときには台風への対策をしっかりと

博多には数多くの企業などがあり、博多で新しく生活を始めるという方も多いのではないでしょうか。
博多で生活を始めるときには、台風への対策を忘れてはいけません。
本州などと比べても、博多へ上陸する台風の数は多いですから、常に台風に対する意識を持っておくといいでしょう。
まずは雨戸で台風への対策をしてみましょう。
雨戸があるだけで、窓ガラスが割れることを防ぐこともできるということをご存知でしょうか。
台風が接近、上陸しているときには強風が吹くことが多くなっています。
強風で屋根が飛ばされたり、看板が落下したりしている場面をニュースなどで見たことがあるという方も多いでしょう。
風によって看板などが飛ばされ、民家の窓ガラスを割る、ということもありますが、雨戸があるだけで被害を抑えることができます。
雨戸があると、窓ガラスに直接物が当たるということがなくなり、窓ガラスが割れることも少なくなります。

そして停電してしまったときのことを考え、懐中電灯などを常に手の届く場所に置いておきましょう。
特に寝室に置いておくと、深夜に避難をするといったときにも安全に移動することができます。
被害の状況を知るために、ラジオなどを準備しておくと更に安心して暮らしていくことができるのではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多で生活をしていくときには台風対策を忘れずに ページ上部へ戻る