1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. アパートとマンションの区別とメリットデメリットについて
このエントリーをはてなブックマークに追加

アパートとマンションの区別とメリットデメリットについて

現在国内で、集合住宅に暮らしている方は数多くいることと思います。
集合住宅は、大きく二つに分けられます。
それは、アパートとマンションですが、実のところこの二つを明確に区別する定義はありません。
不動産会社などが独自の基準で区別している場合が多いです。
一般的には構造で区別されており、木造や軽量鉄骨造はアパートに分類されます。
それに対して、鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造、鉄骨造はマンションに分類されています。
アパートとマンションには、それぞれメリットとデメリットが存在します。

アパートのメリットとデメリット

木造や軽量鉄骨造であるアパートのメリットは、何と言っても家賃の安さです。
建てる際のコストもマンションと比較すると抑えられるため、家賃もリーズナブルに設定できるのです。
それに伴い、同じ家賃を支払うならマンションよりもアパートの方が広い部屋に住むことができます。
荷物が多い方や、余裕のある間取りで暮らしたい方はアパートが向いているでしょう。
さらに、最近ではデザイナーズ物件など内装や外観にこだわったアパートもあります。
スタイリッシュでデザイン性の高いアパートを探すことも可能になってきました。
デメリットとしては、構造上防音性が低いことが挙げられます。
木造は鉄骨などに比べて音が響きやすいので、お部屋探しの際は注意しましょう。
周囲に高層マンションやビルがあるような場所では、日当たりも要チェックポイントです。
日中ほとんど日が入らないような物件では、カビなどの原因にもなるためオススメできません。

マンションのメリットとデメリット

マンションのメリットは、設備面が充実している点です。
オートロック防犯カメラなどセキュリティ性を高める設備は、マンションに備えられていることが多いです。
さらに、トラブルや設備の不具合にも管理会社が対応してくれます。
管理人が常駐しているマンションもあるので、希望に応じて選ぶことができます。
構造上、地震などの自然災害に強い点もメリットです。
マンションのデメリットとしては、維持管理をしてもらえる分費用がかかる点や、上下左右に部屋があることで感じるストレスなどがあります。

アパートとマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
住む人の希望条件やライフスタイルによって、最適な物件は異なるでしょう。
お部屋探しをする際は、物件が持つ特性のほかに周辺環境なども併せて考慮するのがベストです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

アパートとマンションの区別とメリットデメリットについて ページ上部へ戻る