1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 子育て世代がのびのびと快適に暮らせる一戸建て貸家
このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て世代がのびのびと快適に暮らせる一戸建て貸家

現在、日本にはさまざまな住居の形態があります。
住居は、大きく分けると持ち家と賃貸に分けられます。
持ち家には、一戸建てを購入するケースと分譲マンションを購入するケースがあるでしょう。
一戸建てにするかマンションにするかは、住む人のライフスタイルや価値観によって決められるようです。
次に、単身者からファミリー層まで多くの人が暮らしている賃貸住宅です。
賃貸住宅は、マンションやアパートなどの集合住宅と一戸建て貸家やテラスハウスなどに大別されます。
その中でも、一戸建て貸家に暮らしているのはどのような方々なのでしょうか。
また、一戸建て貸家に住むメリットを考えていきます。

子育て世代は集合住宅より一戸建て貸家が快適

現在日本で一戸建て貸家に住んでいるのは、ほとんどが夫婦や子育て世代などのファミリー層です。
なぜなら、一人暮らしの方はワンルームや1Kの物件に住むことが多く、それらの間取りはマンションやアパートになるからです。
賃貸住宅では毎月家賃を支払う必要がありますが、一戸建ての貸家の賃料は当然ながらワンルームや1Kに比べると割高です。
一人暮らしでは、家賃もできる限り抑えたいと考える人が多いため、あえて一戸建て貸家を選ぶ方はあまり多くありません。
しかし、子育て世代の家族では違います。
集合住宅では、上下左右に部屋があることも多く、足音や声などの生活音に気をつかわなければなりません。
とは言え、子どもは泣いたり笑ったり走り回ったりするのが仕事のようなものなので、それを四六時中我慢させるのは無理があるでしょう。
そこで、暮らしやすいのが一戸建ての貸家なのです。
隣接する部屋がないため、子どもが家の中を走り回っても注意せずに見守ることができるようになります。
親の気疲れがなくなり笑顔が増えれば、子どもの笑顔もさらに増えるでしょう。
家族皆で、ストレスフリーな日々を送ることが可能になります。

リーズナブルな一戸建て貸家を探そう

一戸建て貸家は家賃が高そうと思い、敬遠している方はいないでしょうか。
しかし、一戸建て貸家でもそれほど高くない賃料で住むことができる物件もあります。
都市部であれば駅から近い場所は人気があり、どのような賃貸物件も家賃は高い傾向にあります。
そのため、安い一戸建て貸家を探すなら、駅から離れたエリアを見てみるといいでしょう。
さらに、どんな物件も築年数の経過と共に家賃も下がっていきます。
新築や築浅の物件を省いて探してみると、リーズナブルな一戸建て貸家に出会えるかもしれません。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

子育て世代がのびのびと快適に暮らせる一戸建て貸家 ページ上部へ戻る