1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしの収納問題を解決するためのポイントとは
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの収納問題を解決するためのポイントとは

一人暮らしをしている方が、頭を悩ませていることとは何でしょうか。
「収納」と答える人は少なくないでしょう。
なぜなら、一人暮らしの人は大抵ワンルームや1Kなどのあまり広くない部屋に住んでいるからです。
ワンルームや1Kの物件では、収納スペースが小さかったりもともと無かったりする場合もあります。
では、一人暮らしの部屋で収納に関する悩みを解決するためには、どのような方法があるのでしょうか。

手始めに持ち物を整理しよう

手狭な部屋で収納スペースも小さいとなれば、どんなにしまい方を工夫しても限界があります。
そのため、まずは持ち物の整理をすることをオススメします。
女性は、季節ごとにファッションの流行も変化するため、自然と手持ちの洋服が増えていきます。
しかし、数年前に購入した洋服でしばらく袖を通していないものは思い切って処分しましょう。
「ワンシーズン着ていない物」や「1年以上着ていない物」というように、処分の条件を決めるとスムーズに進みます。
思い入れのある服や高価だったバッグ、まだ傷みなどなく着られる物は捨てるのが忍びないという方も少なくないでしょう。
そのような場合は、リサイクルショップや古着屋に持って行くと引き取ってくれたり、状態が良い物は買い取ってくれたりすることもあります。
持ち物の整理ができてお小遣い稼ぎにもなるので、一石二鳥ではないでしょうか。

インターネットの画像を参考に一人暮らしの収納問題を解決しよう

ある程度、自分にとって必要な物を絞り込めたらそれらを収納していきましょう。
収納スペースが小さくても備わっている物件なら、空間を最大限に活用できるような方法を考えましょう。
参考にしやすいのが、インターネットで見られる画像です。
衣装ケースやカラーボックスなどを使い、限られた空間を有効活用している画像がたくさんあります。
自宅の収納スペースと似たような画像を見つけられれば、イメージもしやすくなるでしょう。
インターネット上では、一人暮らしの収納問題を解決してくれるようなお役立ちグッズも豊富に紹介されています。
それらをインターネット通販で購入できるサイトもあるので、興味のある方は調べてみるのも有意義です。

自宅に収納スペースが無い場合は、市販の収納グッズを利用するのがいいでしょう。
コンパクトサイズで、ワンルームや1Kでも場所を取らない商品を探すこともできます。
手狭なことが多い一人暮らしの部屋をスッキリ保つためにも、持ち物を整理し市販の収納グッズも上手に利用して快適なお部屋を目指しましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしの収納問題を解決するためのポイントとは ページ上部へ戻る