1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 将来を考える二人が一戸建て借家に暮らすメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

将来を考える二人が一戸建て借家に暮らすメリット

今、あなたは何人暮らしをしていますか。
一人暮らし、夫婦やカップルなどの二人暮らし、家族世帯などさまざまだと思います。
それぞれの家族構成やライフスタイルなどによって、住居の形態も千差万別です。
一人暮らしの方は、賃貸物件のワンルームや1Kなどが多くなっていますが、高齢で持ち家に住んでいる方もいます。
ファミリー層は、2LDKや3LDKの賃貸物件だったり、マイホームを購入していたり世帯ごとに異なるでしょう。
では、カップルなどの二人暮らし世帯はどうでしょうか。
若者の同棲生活なら、賃貸マンションやアパートに暮らし家賃を折半しているケースが多いようです。
これから結婚し子どもが産まれることも考えたとき、オススメしたいのが一戸建ての借家です。
ここでは、結婚前のカップルが一戸建ての借家に暮らすメリットを考えてみましょう。

結婚を考えている二人なら一戸建て借家に暮らそう

将来的に結婚も視野に入れている二人なら、集合住宅よりも一戸建ての借家をオススメします。
なぜなら、結婚し子どもが産まれたときに集合住宅は何かとストレスを感じるからです。
赤ちゃんの泣き声などで周囲に気をつかわなければならず、特に女性は慣れない育児と産後の疲れで心身共にくたびれてしまいます。
その点、一戸建ての借家なら周りに気疲れすることもなく育児に取り組めるでしょう。
お母さんの気持ちは赤ちゃんに伝わると言われています。
リラックスし、気持ちに余裕を持って子育てすることの重要性を説いた言葉ではないでしょうか。

賃貸住宅の柔軟性は若い世代に最適

一戸建て借家は、あくまでも賃貸住宅であるため手軽に借りることができます。
賃貸契約を結び初期費用を支払うことにより住み始められるので、持ち家を購入するよりずっと簡単です。
賃貸住宅であれば、転勤などによる引っ越しにも柔軟に対応できます。
間取りや立地条件などに不満が生じた際も住み替え可能です。
持ち家を購入した場合、資産としての価値は高いものの容易に引っ越すことは難しくなります。
若い世代では転勤や転職、より良い住まいを求めて住み替えるなどの可能性は高いでしょう。
そのため、一戸建て借家に暮らすメリットは大きいと言えるのです。

このように、結婚前のカップルが一戸建て借家に住むことは二人の将来にも良い影響を与えるでしょう。
結婚、出産、育児や仕事の都合などに幅広く対応可能な一戸建て借家に暮らしてみませんか。
一戸建て借家の物件情報を集めるなら、インターネットや不動産情報誌、賃貸不動産会社などが利用できます。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

将来を考える二人が一戸建て借家に暮らすメリット ページ上部へ戻る