1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多の冬を乗り越えるならサーキュレーターでエアコン効率アップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多の冬を乗り越えるならサーキュレーターでエアコン効率アップ

日本の国土は、南北に細長く伸びた形をしています。
そのため、同じ日本でも北と南では気候が異なります。
たとえば日本の最北端にある北海道は、冬は寒さが厳しく、氷点下を下回る日々が続きます。
降雪量も多く、冬を乗り越えるための生活が鍵となります。
それとは逆に、最南端に位置する沖縄県は、年中通して過ごしやすい暖かな日々が続きます。
雪もまったく降らず、冬でも穏やかに過ごすことができるのです。
このように、同じ日本でも気候が大きく異なれば、住まいの室内環境にも違いが生じるのです。

九州地方に位置する福岡県の中にある博多区は、冬は寒く、夏は暑いといった四季の変化が感じられる気候となっています。
しかし博多の冬は、北海道ほど寒くはなりませんし、降雪量もあまり多くはありません。
そのため、ストーブを焚いて暖をとるような習慣は余りありません。
博多の気候なら、室内の温度を快適に保つためには、エアコンさえあれば冬も夏も過ごすことができます。
エアコンは、電気を使って風をコントロールし、設定した室温を保つための設備です。
もし、エアコンを使うのであれば、電気の消費量を減らしたいと考えるでしょう。
エアコンの効率を良くするためには、どのような方法があるのでしょうか。
知っておくと、博多での生活も快適な室温で過ごすことができるのではないでしょうか。

サーキュレーターで効率アップ

室温が寒い場合、エアコンの暖房機能を利用すると思います。
しかし、温かい空気は上昇するので、エアコンをつけても足元が冷える場合があります。
頭寒足熱という言葉があるように、私たちの身体を健康的にそして快適に保つのであれば、足元を暖める必要があるのです。
そのため、暖房の温かい空気を足元にも届くようにコントロールすることが大切です。
それには、サーキュレーターを使用するとよいでしょう。
サーキュレーターとは、空気を循環させるのに使用する装置のことをいいます。
そのため、エアコンと合わせてサーキュレーターを使用すると、エアコンから出る風を、部屋中に循環させることができるのです。
お部屋の室温が低ければ、エアコンの設定温度を高くして暖めようとします。
しかし、サーキュレーターがあれば、さほど設定温度を高くしなくても、暖房効率を上げることができるのです。
この効果は冬だけではなく、夏の冷房にも効果的で、博多の暑い夏を過ごしやすくする効果があります。
博多の冬は、ストーブを使うほどの寒さではなくても、暖房には頼らなければなりません。
その効果を上げるために、サーキュレーターがあれば、博多の冬も快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多の冬を乗り越えるならサーキュレーターでエアコン効率アップ ページ上部へ戻る