1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸物件のワンルームタイプと1Kタイプの違いとは
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件のワンルームタイプと1Kタイプの違いとは

進学や、就職のタイミングで一人暮らしをはじめる人は多いと思います。
一人暮らしをするほとんどの人が、賃貸マンションやアパートを借りるのではないでしょうか。
一般的に一人暮らしに向いていると言われているのが、ワンルームタイプや1Kタイプです。
これらの間取りタイプの賃貸物件は、一人で暮らすにはちょうど良い広さだと思います。
ワンルームタイプや1Kタイプはよく耳にする間取りタイプですが、どのような違いがあるか知っているでしょうか。
ワンルームタイプの賃貸物件は、キッチンとドアなどで仕切られていないタイプを指します。
1Kタイプは、キッチンと居室スペースがドアで仕切られています。
それぞれどのようなメリットや特徴があるのでしょうか。

ワンルームタイプと1Kタイプの特徴

ワンルームタイプの賃貸物件は、仕切りで区切られていないので広く感じやすいです。
また、仕切りがないので掃除機をかけるなどの掃除も楽に済ませることができるでしょう。
1Kタイプの賃貸物件は、キッチンと居室スペースにドアがあるので、料理した時の匂いをキッチンと居室スペースで区切ることができます。
また、ドアがあることによってエアコンやストーブによる部屋の温度調節がしやすいのも魅力です。
間取りによって、このような違いがあるので賃貸物件を探す際に参考にしてみてはどうでしょうか。

収納スペースを考えよう

ワンルームタイプも1Kタイプでも、収納スペースの広い賃貸物件がおすすめです。
どちらの間取りタイプも、収納スペースが少ないと荷物を片付ける場所に困ってしまうでしょう。
居室スペースも余裕があるほど広いわけではないので、収納スペースに整理整頓しなければ部屋がより狭くなってしまいます。
最近の賃貸マンションやアパートは、ウォークインクローゼットなどの収納設備が充実している賃貸物件が増えてきています。
一人暮らしの部屋を、広く快適に使うために収納面を重視して部屋探しをしてみましょう。

インテリア選びに気をつけよう

居心地の良い一人暮らしの部屋を作るためには、インテリア選びを工夫してみましょう。
部屋のインテリアは、雰囲気や素材を考えて揃えているでしょうか。
全体の雰囲気をみて、インテリアを選ぶ事でまとまりのある空間を作ることができます。
特に、カラーで統一感を出すと、まとまりが出やすいでしょう。
また、背の高い家具ではなく、ロータイプのもので揃えてみるのもいいでしょう。
狭い部屋でも、ロータイプの家具であれば圧迫感を感じさせにくいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸物件のワンルームタイプと1Kタイプの違いとは ページ上部へ戻る