1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしの老後を考えて事前に対策を検討
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの老後を考えて事前に対策を検討

昨今、高齢化の問題が取り上げられるようになりました、まもなく4人に1人が65歳以上という日が来るようです。
そんな話題が毎日テレビや新聞にはあふれてくると老後の心配をする人も多いのではないでしょうか。
長寿国になった一方で、高齢化と一人暮らしは当事者だけではない問題にもなっています。

老後を考えた生活

だれもが迎える老後ですが、若いときにはなかなか現実味を感じることも少なく、考える人も少ないでしょう。
ある一定年齢に達したときに、改めてこれからの老後をどうするか考えることが多いようです。
50歳を迎えたら老後を意識して生活をすることがいいと提言する人もいますが、実際には見当がつかないという人のほうが多いのではないでしょうか。
老後の生活を考えたときに、現在住んでいる住宅で一人暮らしができるのか、不便なところがないのかというところから考えてみましょう。
他人の介助がなくても一人暮らしがができると判断できたら、現在の住まいでも暮らしていくことができるでしょう。
2階の物干しまで洗濯物を持って昇り降りができるのか、買い物に不便はないか、調理ができるかなど考えてみましょう。
一人暮らしではできないかも知れないと感じる部分が多いのであれば、今後の住まいについて考えてみる必要があるでしょう。

老後の住まい

一人暮らしの人が多く住んでいる集合住宅などでは、地域で見守りをしていく体制が作られているところもあります。
地方では、一人暮らしの家に日替わりで安否確認に人が訪れるような体制を、事業者と連携をしているところもあります。
自治体だけでなく、地域で少人数の高齢者のシェアハウスが作られている地区もあります。
インターネットで、一人暮らしの高齢者でも入居できる賃貸物件を探すことができます。
今後の生活を見据えて、夫婦二人から、一人暮らしになっても大丈夫なのか、子育てが終わったら考えてみましょう。
先のことは誰にもわかりませんが、こんなときにはどうするかを考えたことがある人と考えたことが無い人とでは心構えも違うでしょう。
老後を考えたときから、今後に備える生活をスタートするのもいいでしょう。

家族と離れて田舎で一人暮らしをしている人も多いかとおもいますが、最新の家電で安否確認ができるものなども販売されています。
また、セキュリティ会社でも安否確認ができるサービスなどもあるので相談してみるといいでしょう。
最近の家電や設備の進歩は目覚ましいものがあり、離れた家族との連絡も簡単に取れるようになりました。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしの老後を考えて事前に対策を検討 ページ上部へ戻る