1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしをする際は必要経費を理解しましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしをする際は必要経費を理解しましょう

春先になると進学や就職で地元を離れ、初めて一人暮らしを始める人も増えます。
進学や就職が決まったら、早めにお部屋探しや引越しスケジュールを進めることが大切です。
初めての一人暮らしでは、どのようにお部屋を探していいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
また、適当に住まいを決めて後々失敗と思わないためにも抜かりないお部屋探しをする事が大事なのです。
今回は一人暮らしのお部屋探しに関わる必要経費、引越しスケジュールについてご紹介いたします。

必要経費って知っていますか

お部屋探しで賃貸情報を見ていくと、家賃の他にもさまざまの項目と金額が掲載されているのが目に付くと思います。
これらは必要経費といって、物件ごとに項目内容は異なります。
まず、敷金ですが、家賃が一般的となっています。この費用は退去時に返金されることがほとんどです。
礼金ですが、家賃の一から二ヶ月分が多く、この費用は戻ってきません。
仲介手数料ですが、家賃の一ヶ月分が一般的となっています。
管理費と共益費は、物件情報にはどちらかで記載されていることが多いようですが、大概数千円程度になります。
火災保険料は入居者が必ず加入して支払う費用で、二年更新が一般的で大体15000円から20000円のようです。
上記の他にも物件によっては必要経費があるかもしれません。
物件情報に掲載されている費用を見積もれば、大体の必要経費の合計を把握することができるでしょう。
必要経費の詳細を理解していれば、一人暮らしのお部屋探しもしやすくなるのではないでしょうか。

一人暮らしの引越しスケジュールを立てよう

春先は転居や異動の多くなる時期です。
引越し業者にとっても繁忙期となるため、転居先が決まったら予約を早めにした方が無難です。
引越し業者はいくつもあり迷うと思います。そんな時は、インターネットサイトか電話で問い合わせて見積もりをしてみましょう。
もし現在賃貸のお部屋を借りている人は、解約の申し出を一ヶ月前にしましょう。そして、見積もりや引越し業者が決まったら、さあ荷物整理の始まりです。
大体三週間前には梱包用の道具などを揃えておきましょう。
二週間前には使わないものから箱つめをしていきます。
一週間前は、キッチンの片付けをして、電話やガス、水道、電気会社などへの転居連絡をしましょう。
引越し当日は冷蔵庫や洗濯機の水抜きを忘れずに行いましょう。
当日の荷物はバック一つに収まるくらいにしておくと移動がしやすいです。
また、引越し後の大家さんや隣人へのご挨拶も忘れないでしましょう。
一人暮らしをする際には、引越しスケジュールを参考にしてみてはいかがでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしをする際は必要経費を理解しましょう ページ上部へ戻る