1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らし用の冷蔵庫はサイズや使い勝手が重要です
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし用の冷蔵庫はサイズや使い勝手が重要です

生活するうえで、必ず必要となる電化製品といえばなんでしょうか。
冷蔵庫や洗濯機、炊飯器や電子レンジといった、いわゆる「白物家電」と呼ばれるものがあげられるでしょう。
これから、初めて一人暮らしを始めるという人もいるのではないでしょうか。
賃貸を借りたことのない人は、こういった電化製品もすべて買い揃えなければならないでしょう。
今の時代、それぞれの家電製品にはたくさんの種類があります。
安価でシンプルなものや、機能が充実していて高価なものまで幅広く製造、販売されています。
今回は、一人暮らしに向いている冷蔵庫のサイズや選び方についてお話ししたいと思います。

冷蔵庫の選び方【サイズ】

一人暮らし用であれば、小さくて安いものであればいいと思いがちではないでしょうか。
家電製品のなかでも冷蔵庫は、一番の出費となってしまうでしょう。そのため、できるだけ安いものを選ぶ人が多いのではないでしょうか。
しかし、一人暮らしをしていくと、冷蔵庫の使用頻度の多さがわかってきます。
とくに自炊することがなかった人は、冷蔵庫のサイズの重要性に気づきにくいかもしれません。
一人暮らしとなると、飲み物や食材、調味料など頻繁に買いに行くことが難しいという人もいるでしょう。
大きいサイズの冷蔵庫であれば、まとめ買いをした時にもきちんと保管することができるでしょう。
自炊をする人、自炊をしない人でも使える容量は「150L以上」のものがいいかもしれません。
まったく料理をしないというのであれば、サイズの小さいものを購入しても問題ないかもしれません。

【使い勝手】
毎日使うからには、できるだけ使い勝手の良い冷蔵庫を選びましょう。
冷蔵庫のなかには、ペットボトルが取り出しやすくなっているボトルポケットのものや、トレイが取り外すことのできるものもあります。
庫内がすっきりとした構造で、トレイが取り外し安いものであれば、お手入れも簡単にできるでしょう。
そして、冷凍室のサイズが大きめな方が、一人暮らしの人には便利かもしれません。
自炊している人の場合、食費を抑えるためにスーパーマーケットの安売りの時に、まとめて食材を買うということもあるかもしれません。
また、忙しい時のために料理を作れる時に、作りおきをするという人もいるのではないでしょうか。
普通の冷蔵室では、あまり日持ちがしないため、冷凍庫に入れたほうがよいでしょう。
そういったことを考えると、やはり冷蔵室のサイズにも気をつける必要があります。
冷蔵室のサイズは、だいたい40L以上のものが理想的かもしれません。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らし用の冷蔵庫はサイズや使い勝手が重要です ページ上部へ戻る