1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 狭いワンルームでもインテリアを楽しむために
このエントリーをはてなブックマークに追加

狭いワンルームでもインテリアを楽しむために

一人暮らしを始めるきっかけは、人それぞれ違うでしょう。
進学や就職、転勤、単身赴任など理由はさまざまです。
しかしながら、一人暮らしをする方々に共通していることがあります。
それは、大半の方がワンルームなどの一人暮らし向け賃貸物件に住むことです。
ワンルームは、その名の通り一間だけの物件です。
キッチンと居室が一続きになっている間取りで、全国的に物件数は豊富です。
家賃がリーズナブルな部屋も多く、多くの単身者に選ばれています。
物件の数が多いため選択の幅は広いのですが、デメリットとして指摘されがちなのがその狭さです。
ここでは、狭いワンルームで快適に暮らすコツとインテリアのポイントをご紹介したいと思います。

収納スペースの有無とその容量は重要ポイント

「ワンルームは狭い」というイメージは世間一般に広く浸透しています。
確かに、住居の形態を考えたとき、最も狭い間取りであることは否定できません。
しかし、狭いワンルームでも物件の選び方や工夫次第で、快適な暮らしを送ることは不可能ではありません。
ワンルームの物件探しを行う際は、できるだけ大容量の収納スペースが備えられた部屋を選びましょう。
新築や築浅の物件には、ウォークインクローゼットなど収納が充実している部屋もあります。
ワンルーム物件において収納の有無は重要です。
収納スペースがない物件だと、洋服やバッグをはじめさまざまな物を居室内に置かなければなりません。
一つの空間に多くの物が置かれていると、どうしても雑然とした印象になってしまいます。
そのため、収納スペースの有無やその容量は、住み心地と密接に関わる大事なポイントなのです。

ワンルームのインテリアを楽しむために

狭いワンルームの部屋でも、インテリアにこだわりたい方は多いのではないでしょうか。
一人暮らしは、自分好みのインテリアや雑貨などで部屋づくりを楽しむ絶好の機会です。
では、手狭な部屋でもインテリアを充実させるためにはどのような方法があるのでしょうか。
それは、前述したように収納付きの物件を選び、なおかつ一人暮らし向けのコンパクトなインテリアを配置することです。
最近では、ワンルームの狭さに悩む方のニーズに応え、小ぶりな家具も数多く販売されています。
色や柄などデザインも豊富で、自分の好みに合わせて選ぶことができます。
伸縮式など、用途に応じてサイズを変えられる家具もあることをご存知でしょうか。
それらをより詳しく知りたいときは、インターネットが手軽で便利です。
コンパクトなインテリアを安価で購入できる通販サイトもあり、利用している方も多いです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

狭いワンルームでもインテリアを楽しむために ページ上部へ戻る