1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸物件と分譲マンションの購入を比べてみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件と分譲マンションの購入を比べてみよう

人生の中で大きな変化があるのが、結婚や出産です。
結婚や出産をきっかけに、住み替えを考える人も多いでしょう。
子供が生まれて家族が増えた場合、今住んでいる住まいが手狭になって、広い間取りの住まいを探すでしょう。
中には、子供が生まれたのをきっかけにマイホームの購入を考える人もいるかもしれません。
賃貸物件や分譲マンションに住むメリットを考えてみましょう。

賃貸物件に住む

賃貸物件に住むメリットは、気軽に引越しができる点です。
人生の中でライフスタイルの変化が何度か訪れるでしょう。
そのとき、現在の住まいでは不便を感じるようになるかもしれません。
その場合、自分の暮らしに合った新たな賃貸物件を探して引越しすることができます。
また、マイホームを購入した場合、築年数の経過と共に建物や設備は古くなってしまいます。
そのため、メンテナンス費用も必要になります。
しかし、賃貸物件であればメンテナンス費用を考える必要はありません。
古い建物より新しい建物に住みたいと思えば、築年数が経過していない賃貸物件に住み替えする選択もできるでしょう。
自分の暮らしにあわせた住まいに住めるのが賃貸物件の魅力です。

分譲マンションに住む

子供が学校へ入学するのをきっかけにマイホーム探しを始める人も多いようです。
都会で暮らす人は、分譲マンションの購入を考える人も多いでしょう。
分譲マンションなどマイホームを購入すれば、それは自分たちだけでなく子供たちにも残すことができる資産となります。
分譲マンションは賃貸マンションに比べて仕様や設備はハイグレードなものになっています。
賃貸物件とは違った快適で便利な暮らしをすることができるでしょう。
しかし、分譲マンションなどマイホームを購入してしまえば気軽に引越しすることはできません。
ご近所付き合いでトラブルが発生しても、なかなか住み替えすることはできないでしょう。
分譲マンションなどマイホームの購入をする場合、住宅ローンを利用するのが一般的です。
自分が退職するのにあわせて住宅ローンを完済できれば、老後の住宅費の負担を減らすことができます。
また、一生の住まいを得たと言う安心感もあるでしょう。
ただ、メンテナンス費用や税金の支払いはマンションを所有している限り発生します。

気軽さを求めるのであれば、賃貸物件で暮らすほうが良いでしょう。
将来のことを考え、安心感を優先するのであれば分譲マンションの購入も検討してみましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸物件と分譲マンションの購入を比べてみよう ページ上部へ戻る