1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. アパートを探す時に悩む新築と中古の選ぶ基準
このエントリーをはてなブックマークに追加

アパートを探す時に悩む新築と中古の選ぶ基準

賃貸アパートを探す時には、選ぶ基準は人それぞれです。
デザイナーズ物件を選ぶ人もいれば、敷金礼金なしの物件を選ぶ人もいます。
都会的な場所を選ぶ人もいれば、田舎に住みたいと考える人もいるでしょう。
また、新築と中古で悩む人も多いのではないでしょうか。
それぞれにメリットが有るため、どちらが良いとは一概には言えない所が迷いどころなのかもしれません。

中古にも良い物件は有る

賃貸アパートで新築と中古の違いは、家賃にも影響があります。
中古賃貸アパートは、築年数が経っていると設備も古いことが多く、家賃も抑え気味になっている事が多いようです。
家賃を下げる事で入居者が早く決まるように努力している場合もあります。
中古の賃貸アパートの良い点は、他に住んでいる世帯が少なければ、生活音でのトラブルも少なくて済む場合があることです。
下の部屋が空室だったり、両隣の部屋が空室の場合は気兼ねなく生活しやすい環境ということになります。
また、物件にもよりますが、築浅の物件であれば、新築に近い設備が揃っている可能性も有ります。
中古だから全てがマイナスと考える必要も無いようです。

新婚さんが迷う新築と中古物件

新婚さんであれば、何もかも新しい新築物件に住みたいと考えることも多いのではないでしょうか。
気持ち良く新生活をスタートさせる事ができるため、新婚さんに相応しい物件で有る事はわかります。
しかし、若いカップルであれば、家賃などの出費が多いのは負担になることも多いです。
働いている年数が短い若いカップルは、給料もまだまだ十分貰えてるとは言えないかもしれません。
そのようなカップルは、新築と中古だと中古を選ぶのも良いのではないでしょうか。
二人で頑張って、少しずつ良い部屋に移り住むというのも成長している感じがあって良いかもしれません。
お互いが年齢を重ねて、高齢者と呼ばれる世代になった時に、若い頃の中古アパートでの生活は良い思い出となっているかもしれません。
最終的には、とても設備が整った快適な家に住めていれば、若い頃の苦労も報われるのではないでしょうか。

新築と中古は、賃貸アパートタイプの他に、賃貸マンションタイプや賃貸一戸建てタイプにも言える事です。
最近では、ライフスタイルの違う家庭が沢山有るので、必ずしもどの物件が良いという事はありません。
自分達に一番有った快適な暮らしが送れる物件に早くめぐり合える事が一番重要ではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

アパートを探す時に悩む新築と中古の選ぶ基準 ページ上部へ戻る