1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 借りる部屋が決まってから必要になる書類とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

借りる部屋が決まってから必要になる書類とは

賃貸物件の入居審査に通って住む部屋が決まれば、次はいよいよ契約です。
お部屋の契約は、後日改めて不動産会社に行って行なうのがほとんどです。
契約の手続きをするには、思ったより時間がかかる場合もあります。
また、必要な書類もいくつか提出したり説明を受けたりなど、意外に手間がかかるものです。
忙しい毎日の合間を縫って手続きをするとなれば、あとになって忘れたことに気づくということもあるでしょう。
当日になって慌てないようにするためにも、契約の手続きに必要なものをまとめてみました。

住民票と印鑑証明書

賃貸物件の契約には、住民票と印鑑証明書が必要になります。
また、本人以外にも誰か部屋に入居する場合は、入居者全員分の住民票が必要になります。
どちらも役所で発行されるものですが平日しか開いていないことが多いので、なるべく早くもらっておくようにしましょう。

本人の収入を証明できるもの

部屋を借りる場合、本人の収入を証明する書類が必要になります。会社員の方であれば、源泉徴収票を提出するのが一般的です。
必要なとき会社に申告すれば、源泉徴収票は発行してもらえます。
自営業やフリーの方であれば、その年の確定申告書や納税証明書などを用意して提出します。

初期費用にかかるお金

契約時には、初期費用といわれるものを支払うことが必要です。
初期費用のなかでも、敷金と礼金、また前家賃などは大家さんに支払うものです。月の途中から入居する場合、前家賃は日割り計算して支払うことになります。
また、仲介手数料がある場合は不動産会社に支払うことになります。
しかし、借りる部屋が不動産会社の自社物件であれば、仲介手数料の支払いをする必要はありません。

重要事項についての説明を受ける

部屋を借りる契約をする際は、不動産会社の担当者から契約内容の重要事項について説明があります。
重要事項とは、家賃の支払い方や共益費の金額のほか、補修についての負担や退去時の清算方法などです。
契約内容については聞き慣れない不動産の専門用語がいくつか出てくることもあるでしょう。分からないことはそのまま聞き流さずに、その場でどんどん質問してみましょう。
また、滅多にないことですが、契約内容に納得できず契約はしないと言う場合でも、この時点でのキャンセルは有効となります。
あとから知らなかったということがないように、契約内容の要点を紙にわかりやすく書き出しておくのもおすすめです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

借りる部屋が決まってから必要になる書類とは ページ上部へ戻る