1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多手一本は他の地域とは異なる手締めです
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多手一本は他の地域とは異なる手締めです

日本では風習の一つに手締めというものがあります。一つのことが終わったら掛け声と共にリズムを合わせて打つ手拍子のことで、祭りや商談、宴席の終わりなどでも行われています。
手締めは、行事を取り仕切った人が無事に終了したことを協力者に感謝をして行うものです。
手締めの風習は日本全国にあるようですが、地域によってリズムや回数、掛け声は異なるようです。
手締めは江戸締めと大阪締めと大きく二つに分かれるようですが、江戸締めが全国的に広く行われており、一本締めと三本締めがあります。
手を打つ回数の「3回、3回、3回、1回」は3拍が3回で九になり、残りの1拍で丸になるので「丸く納まる」という意味合いがあるようです。
初めと間に掛ける掛け声の「イヨー」は「祝う」が転じたものという説もあるようです。

博多の手締め

博多の手締めは「博多手一本」や「博多一本締め」などと言われ、恒例的に行われます。
博多では、会社の納会や結婚式などでも「博多手一本」が響き渡ります。
博多の手締めは一般的に多い江戸締めとは異なるので、博多に出張などで行かれるサラリーマンは知っておくといいでしょう。
「博多手一本」はスーツの場合には上着を着る、座っている人は立つ、座布団から外れて立つのが礼儀とされています。
「博多手一本」はその場の年長者や役上の人が音頭を取るのが恒例ですから、自分からの申し出はもちろん、声がかかっても辞退するのが望ましいでしょう。
早く出世をすることで、自ら音頭を取ることができるでしょう。

地元の風習

同じ日本でありながら、風習はそれぞれ異なることが多く、ところ変わればというようにその土地の風習を知ることも大事でしょう。
特に、サラリーマンは、転勤であちこちを移動することが多いですが、その土地の風習を早くから覚えることで商談がうまく進むということもあるかもしれません。
言葉も同じようなことがいえるかもしれません、早く方言に馴染むことで相手が心を開いてくれるということもあるかもしれません。
他から来た人が、地元に馴染もうとしている姿は、頑張っている人というイメージにもなるでしょう。
博多には博多の文化が根付いています。
「博多手一本」が博多の宴席でもしっかりできたら、博多に馴染んだということがいえるのかもしれません。

博多の風習を知っていくことが、博多で楽しく生活をしていくコツなのかもしれません。
手一本はもちろんですが、他の風習も調べてみるといいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多手一本は他の地域とは異なる手締めです ページ上部へ戻る