1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸ショップに関する用語の解説や最寄り駅の重要性
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸ショップに関する用語の解説や最寄り駅の重要性

皆さんの中には、現在ショップ店員をしている方もいると思います。
そんな方々の中には、いつか自分のお店を開きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
独立開業を目指して、まずはネットショップを開いている方もいるでしょう。
しかし、やはり賃貸店舗を借りて自分のお店を開きたいと考えている方は多いと思います。
今回は、賃貸店舗の用語について紹介します。

1階にあるお店の利点と注意点

不動産検索サイトを覗いて、どんな賃貸店舗があるのか調べている方も多いでしょう。
不動産検索サイトは、物件の状態や立地、広さや家賃など、様々な条件で物件を絞り込む事ができます。
その中に「1階」というチェックボックスを見る事も多いのではないでしょうか。
1階にあるお店は道に入り口が面しているため、歩いているだけでも看板や店構えが目に入ります。
そのため、集客が多くなる傾向が強いです。
都市の繁華街にある物は「路面店」と呼ばれ、特に多くの人が訪れやすいお店となっています。
そのため、飲食店を開く場合は1階にある賃貸物件を優先的に選ぶ方は多いです。
しかし、1階の賃貸にあるのはメリットだけではありません。
お客さんの流動性が高いため店員が少ないとお店を回すのが大変ですし、家賃も高めに設定されている事が多いようです。
そういった点にも注意をして賃貸ショップを決めましょう。

居抜き物件の利点と注意点

また、「居抜き物件」という用語もよく目にするのではないでしょうか。
居抜き物件とは、以前入っていたお店の内装や設備がそのまま残された物件の事です。
同種のお店を開く場合、内装工事をせずにお店を開く事ができるため、低コストに開業したいという方は検討してみてはいかがでしょう。
しかし、内装にこだわりのある方にとって居抜き物件は不向きかもしれません。
一度内装を取り払ってから、工事をしなければならないからです。
工事中も借りているショップの家賃は支払わなければならないため、物件の内装や自分の開きたいお店についてよく考えてみましょう。

東京で賃貸店舗を借りてショップを開こう

東京には数多くの繁華街があるため、賃貸に出ているショップの数も豊富です。
様々な選択肢から物件を選ぶことができるため、良い賃貸とも出会いやすいのではないでしょうか。
東京でお店を開くときに重要となるのが、最寄り駅の利便性です。
東京は鉄道を交通手段として使う方が多いので、大きな駅の前にあるお店は人が多く訪れるでしょう。
反面、あまり利用者が多くない駅の周辺には住人以外はあまり訪れない事も多いです。
そのため、最寄り駅の事も考えて賃貸ショップを探してみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸ショップに関する用語の解説や最寄り駅の重要性 ページ上部へ戻る