1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多の端午の節句にはかしわ餅ではなくがめ餅
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多の端午の節句にはかしわ餅ではなくがめ餅

日本には昔から季節ごとのお祝いをする風習があり、現代でも大事に守り続けられている風習や習慣は多くあります。
5月5日は平安朝時代から行われている五節句の一つ、端午の節句で、重後(ちょうご)菖蒲(しょうぶ)の節句とも言います。
男の子の節句で、武者人形や兜を飾り、男の子の立身と健やかな成長を願い、菖蒲を軒先に吊るし、菖蒲湯に入ります。
地域によっては、ちまきやかしわもちを食べる習慣があります。
かしわの葉は、新芽が育つまでは葉が落ちないので、家系が途切れない、子孫繁栄につながるものとして用いられました。

かしわの木が無い

かしわの木の葉は、端午の節句のかしわ餅に使われていますが、かしわの木が少ない地域があります。
日本の近畿以西にはかしわの木が少ないために、端午の節句にかしわ餅はかしわの葉に代わるものを使用していました。
ほうば味噌を作る、ほうの木の葉、ナラガシワ、コナラなどの葉のほかにはミョウガの葉なども利用した地域もあるようです。
北九州地域では、サルトリイバラの葉をよく使用したようです。

博多周辺のかしわ餅はがめの葉餅

かしわが自生しない博多周辺ではサルトリイバラの葉を利用してかしわ餅を作っていたようです。
サルトリイバラはつる性の落葉低木で日本全土に自生しています。
雌雄異株ですが、近くに株があれば結実はしやすい植物で、根茎は山帰来という薬草でもあります。

がめ餅の作り方

博多周辺で端午の節句にはサルトリイバラの葉を使ったかしわ餅が一般的に作られており、博多の人には懐かしい味として伝わっています。
サルトリイバラをがめと呼ぶのかに関してはよくわかっていないようです。
材料はだんご粉を200グラム、餡を適量、水220CCくらいとサルトリイバラの葉を準備します。
だんご粉に水を加え、耳たぶの柔らかさになるように混ぜ合わせたらレンジにかけます。
白いところがなくなるようにレンジで加熱したら、手に付かないように片栗粉を敷き、生地を広げ個数に分けます。
分けたら、生地で餡を包み、サルトリイバラの葉を裏表に張り合わせ、沸騰している蒸し器で蒸しあげたら完成です。
葉を張るときには、サラダ油を薄く塗っておくと、食べるときに葉をはがしやすくなります。
サルトリイバラの葉の風味を感じることができる、博多のソウルフードの一つです。

一般的に端午の節句に作る家庭は減少しているようですが、山歩きの途中でサルトリイバラの葉を見つけると懐かしさから作ってみる人は多いようです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多の端午の節句にはかしわ餅ではなくがめ餅 ページ上部へ戻る