1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸アパートやマンションでもピアノなどの演奏ができる
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートやマンションでもピアノなどの演奏ができる

音楽が趣味の方や音楽学生などは、家で楽器を演奏したり練習したりしたいですよね。
しかし、賃貸アパートや賃貸マンションでは楽器の演奏や練習ができないとなかなか一人暮らしに踏み出せない方が多く居るようです。
賃貸アパート賃貸マンションでも楽器を演奏できることをご存知でしょうか。全国には豊富な賃貸物件があり、楽器の演奏を可能とした物件も多く存在するのです。
賃貸アパートや賃貸マンションのような集合住宅では近隣住民への騒音を考慮し、楽器の演奏を禁止にしている物件もありますが、許可している物件もあります。
楽器演奏禁止の物件でも小さな音ならばれないと演奏を繰り返していると、近隣とのトラブルを招きかねないので楽器を演奏する方は楽器の許可をしている物件を選びましょう。
また、契約時に禁止行為とされていることをしてしまうと、管理会社や大家さんから退去を要求されることもあるので注意しましょう。

楽器相談の物件で演奏できるのはどんな楽器?

趣味が音楽演奏の人やバントを組んでいる人、音楽学生で音楽の勉強をしている人など、楽器の演奏を楽しむ方は多くいます。
そして、それらの人たちに共通しているのは、好きなときに好きな楽器を演奏して暮らしたいということです。
しかし、賃貸マンションや賃貸アパートのような集合住宅では近所迷惑を考えると好きなときに楽器を演奏できないというのが現状です。
楽器演奏が可能な物件では、楽器を演奏するような方が住んでいる物件や防音性の高い物件などがあり、快適な暮らしをすることが可能です。
楽器演奏のできる物件では基本的にどのような楽器意を演奏しても良いのかと疑問を持つ方も居ると思います。
賃貸物件でいう楽器とは、トランペットやピアノ、ギターやドラムのように大きな音が出る楽器の事を指します。
楽器だからなんでも良いという訳ではないので、個人の判断で演奏するのではなく、入居前に事前に演奏してよい楽器を聞いておきましょう。
また、ピアノはピアノでも演奏できるものとできないものがあり、物件の募集図面に種類などが記載していることもあります。

楽器相談可能な物件には大体ピアノと記載されていることが多い

楽器の演奏が可能な物件のほとんどには「ピアノ相談可」と記載されていることがあります。
しかしピアノ可能と書いてはいても、全てのピアノの演奏が可能なわけではないのをご存知でしょうか。
賃貸アパートや賃貸マンションで演奏できるピアノは一般的にアップライトピアノまでと言われています。
グランドピアノは重量が重く、賃貸物件に傷をつけてしまうこと多いため、賃貸アパートや賃貸マンションには設置することができません。
ファミリー世帯では子供にピアノを習わせる家庭が多いので、ピアノについてもどこまでなら使用しても良いのかを聞いておくと安心です。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸アパートやマンションでもピアノなどの演奏ができる ページ上部へ戻る