1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸アパートを探して自分でできる防音対策をしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートを探して自分でできる防音対策をしよう

賃貸物件に住む場合、みなさんはどんな住宅に住みたいと考えるでしょうか。
今ではいろいろな希望に対応した新築賃貸が増えてきました。
以前までは、設備が充実した物件といえば賃貸マンションが多いとされてきました。
しかし、賃貸マンションと変わらないような、設備が充実した賃貸アパートも増えてきました。
室内洗濯機置き場」や「フローリング」といったような設備は、今では多くの物件に完備されています。
今回は、防音性の高い物件である「楽器相談可」物件についてお話ししたいと思います。

どんな人に防音の住まいは向いているのか

防音性の高い住まいは、どういった人に向いている賃貸物件と言えるでしょうか。
例えば、音楽の大学に通う学生であれば、自宅でも練習をしたいという人もいるのではないでしょうか。
そういった人は、「楽器相談可」という賃貸物件を探してみてはいかがでしょうか。
部屋に防音対策が施されている物件となりますが、楽器相談可物件にもいろいろな種類があるようです。
24時間いつでも楽器を演奏できるように防音設備が完備されている物件や、完全防音ではないものの防音対策が施された物件などがあげられます。
防音対策が施されている物件には、子どものいるファミリー層にも人気があるようです。
お子さんが小さいうちは、泣き声などが住民の迷惑となっていないか気になるものです。
また、防音性の高い物件はペットを飼っている人にもおすすめとなっています。
どんなにしつけていても、ペットが鳴き声を発してしまう可能性はあります。
防音性の高い住まいに住んでいれば、そういったことに神経質にならずにすむかもしれません。

自分でできる防音対策

賃貸アパートに住む人の多くは、防音に対して不安をお持ちだと思います。
賃貸アパートと賃貸マンションと比較した時に、実際に防音性に優れているのはマンションとなります。
自分の生活音だけでなく、隣の住民の生活音が聞こえてしまうというような賃貸アパートがあるのも事実です。
ですが、賃貸アパートでも自分でできる範囲で防音対策をすることによって、生活音に気を遣う事が少なくなります。
例えば、一例として遮音カーテンや遮音カーペットを利用するという対策法があります。
カーテンは窓からの音の出入りを抑える効果があり、カーペットは一階に住む人へ足音が響かないようにしてくれる効果があります。
とくにお子さんがいる家庭の場合、子どもがのびのびと生活できない環境はよくありません。
出来る範囲の対策はしっかりとして置くと、住民とのトラブルも防ぐことができるのではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸アパートを探して自分でできる防音対策をしよう ページ上部へ戻る