1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしをするにはアパートとマンションのどちらがいいか
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしをするにはアパートとマンションのどちらがいいか

一人暮らしを始めるには、賃貸のアパートやマンションを探す必要があります。
しかし、初めての引っ越しではどんな物件を選んだらいいのかわからないことが多いでしょう。
賃貸物件のなかには、アパートやマンション、一戸建てなどがあります。
一人暮らしの方は特に、アパートとマンションのどちらかを選ぶことが多いようです。
アパートとマンションの違いは明確には定義されておりませんが、構造によって呼び分けられていることが多く、それぞれにメリットがあります。
それぞれのメリットを把握して、自分のこれからのライフスタイルを考えることで、どちらの物件を選べばいいのか見えてきます。

静かな暮らしを選ぶなら

アパートは駅前からは少し離れた、静かな環境に建てられていることが多いようです。
住宅街のなかにあるため、周囲はファミリーの住む住宅が多い場合もあります。
ファミリーの住んでいる場所に近いということは、公園や広場などの子どもが遊べるスペースが近いことが多いです。
一人暮らしの生活のなかで、なかなか運動をする機会が持てない方は多いのではないでしょうか。
アパートの近くに公園があると、休日はそこへ行って体を動かしたりして運動不足解消につなげることが出来ます。
体を動かすと心もリフレッシュできるため、ストレス解消にもなるのではないでしょうか。

利便性の高い暮らしを選ぶなら

仕事のために一人暮らし生活を始めた方は、職場へ行きやすい場所にある賃貸物件を選ぶのではないでしょうか。
駅前などの立地条件の良い場所には、マンションが建てられていることが多いです。
駅から近いと毎日の通勤時間のなかで徒歩の時間を短縮できるため、ビジネスマンに人気です。
また、駅の周辺にはスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの商業施設が密集していることがあります。
そんな場所にあるマンションであれば、日々の食材や日用品を買い出しに行く際にも便利です。
仕事から一旦部屋まで帰って、まったく違う方向にあるスーパーマーケットなどへ買い物に行くのは億劫になる方が多いでしょう。
駅前にあるマンションを借りれば、仕事から帰るついでに買い物のために立ち寄ることができます。

このように、一人暮らしするための賃貸物件にはマンションとアパートそれぞれに多くのメリットがあります。
自分がどんな暮らしを送りたいか、これからの生活を具体的に想像して快適な一人暮らし生活が送れる物件を選びましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしをするにはアパートとマンションのどちらがいいか ページ上部へ戻る