1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸と新築一戸建て購入の初期費用や設備を考えてみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸と新築一戸建て購入の初期費用や設備を考えてみよう

人生の中には大きなライフスタイルの変化があります。
そのときに、住まいの住み替えを考える人も多いでしょう。
住み替えを考えたとき、新築一戸建てを購入しようか、このまま賃貸物件に住み続けるか考えることもあるでしょう。
どちらが得というのは比べる項目によって違ってくるでしょう。
一戸建てを購入する場合と、賃貸物件に住む場合の初期費用や設備の面を考えてみましょう。

初期費用を考える

家族で暮らす住まいを探す場合、広い間取りの物件に住みたいと考える人も多いでしょう。
広い間取りの物件は、マンションや一戸建てを選ぶことをおすすめします。
家族で暮らす人は、比較的自由に生活することができる一戸建てに住みたいと考える人が多いようです。
賃貸物件を借りる場合、毎月の家賃の支払いが必要になります。
その他に、敷金や礼金などの初期費用も必要になります。
しかし、一戸建てを購入する場合の初期費用と比べると賃貸物件の費用のほうが抑えることができるでしょう。
一戸建てを購入するには、購入のための諸費用のほか、住宅ローン手続きのための諸費用などまとまったお金が必要になります。
初期費用を抑えられるのが賃貸物件に住む魅力です。

設備の面を比べてみよう

新築一戸建てを購入する場合、設備も自分たちに合った最新のものを選ぶことができるでしょう。
しかし、建物の築年数の経過と共に、設備もどんどん古くなっていきます。
そして、設備が壊れたりしたときには自分たちで修理費用を負担することになります。
賃貸物件に住む場合は、新築物件やあまり築年数が経過していない物件だけを選んで住むことができます。
設備もそのときの最新のものが整った物件を選ぶことができるでしょう。
新築物件を選んで住む場合、設備の老朽化を感じることはありません。
もし設備に不具合があった場合は、大家さんが修理費用を負担してくれるでしょう。
最近、住まいの防犯を重視する人が増えています。
一戸建てに住む場合、住まいのセキュリティ面で不安を感じることがあるかもしれません。
マンションやアパートの賃貸物件ではセキュリティ設備を重視した物件が増えているようです。
オートロック機能や防犯カメラなどが設置されている物件を選ぶことで、安心して暮らすことができるのではないでしょうか。

立地を重視して住む場所を決める人もいるでしょう。

賃貸物件では駅周辺の好立地の場所にある物件を選んで住むことができます。
しかし、購入を考えると、土地の購入だけで費用が割高になってしまうでしょう。
一戸建てを購入するか借りるかは、自分たちのライフスタイルをしっかり考える必要があるでしょう。

【関連ページ】

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸と新築一戸建て購入の初期費用や設備を考えてみよう ページ上部へ戻る