1. 賃貸・不動産TOP
  2. こだわりのお部屋探し
  3. オール電化の賃貸物件

オール電化 賃貸物件

照明や空調設備はもちろんのこと、台所の調理やお風呂を焚くところまで、そのすべてをガスではなく電気でまかなうのがオール電化物件です。ガスを一切使わないので、光熱費が一本化できます。工夫次第で節約効果が期待できるうえ、火を直接扱わないことにより、他にも数々のメリットがあります。災害時の復旧が早いことからも、電気はガスよりメリットが多いといえるでしょう。

オール電化の魅力は「エコ」「安全」「経済的」

電力への一本化で光熱費カット!火を使わず安全なオール電化はいいことずくめ

オール電化なら光熱費は電気代のみですから、ガスの基本料金が丸ごと節約できます。ガスの基本料金は、使用量にもよりますがおよそ1000円から1500円程度で、年間になればけっこうな出費です。

さらに電気の場合、深夜料金の時間帯を上手に利用すれば、ガスや灯油よりも経済的に給湯できますから、おトク感はかなり強いといえるでしょう。

また、裸火や灯油を使わないオール電化なら、火災の原因も取り除けます。コンロの火を気にかけながら生活したり、「子どもが灯油ストーブをいたずらしたらどうしよう」と心配したりする必要はありません。オール電化を選ぶだけで、生活に安心・安全がもたらされるのです。

裸火を使わないことのメリットは、もう一つあります。それはエコに貢献できるということです。
近年、エアコンを代表とする家電や、電力給湯設備であるエコキュートの省エネ性能がぐんぐん高まっています。エネルギーの消費量が少なくなれば、経済的であるのはもちろんのこと、環境への貢献も期待できます。

自分がオール電化を選ぶことでエコにつながるとしたら、とても嬉しいですよね。環境に配慮できて、安全で、しかも経済的と、オール電化はまさにいいことずくめです。

また、IH調理器はガスレンジに特有の五徳がないので、お掃除がしやすいこともおすすめのポイントといえます。重い灯油の持ち運びもなくなり、生活が楽で便利になりますよ。

もっと読む

いつ襲われるかわからない災害時にも真っ先に復旧されるのは電気

オール電化は、災害時にも有効です。なぜなら、大規模災害が起こったときに、いち早く復旧されるライフラインが電気だからです。各家庭に一本単位で供給されるプロパンガスなら早めの復旧があり得ますが、都市ガスを使っている地域であれば、ガスより電気が災害時には有利といえるでしょう。

ガス、電気、水道がすべてストップしてしまったとき、優先して復旧されるのが電気だとしたら、やっぱり電気に頼る生活がしたいですよね。
それに、電気温水器を使っていれば、貯水タンクに水が溜められていますから、水道がストップしたときには生活用水として使えます。電気温水器内の水は停電時にも使えるので、電気が復旧しないときでも、とりあえずは水が利用できるのです。

タンク内にたまった水は飲料水として使えませんが、トイレを流すなどの生活用水として活用することができるので安心感が高まりますね。災害時にトイレが使えないのは、心理面でも衛生面でもかなり負担がかかることです。

とくに新居で一人暮らしをしている場合、土地勘がなく、なかなか誰かに頼ることができません。災害時には、孤立してしまうリスクが高いといえるでしょう。

そうならないように、地域とのコミュニケーションづくりや、災害マップを手に入れて避難場所などを確認しておくことも大事です。しかし、同時に自分自身でできる最高の備えはしておきましょう。オール電化なら、それが自動的にかないます。

もっと読む

かんたんリクエスト 条件を伝えるだけ! 今すぐチェック

©Apaman Network Co.,Ltd.