部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 1人暮らしと2人暮らしの1LDKでの生活の違い

1人暮らしと2人暮らしの1LDKでの生活の違い

これからの季節、引越しを考えている人は多いのではないでしょうか。
今住んでいる部屋が狭くなったや、同棲を始めようと思っているなど理由はさまざまです。
どんな部屋の間取りを選ぶかは、住む人のライフスタイルによって変わってきます。
今回は、一人暮らしと2人暮らしの1LDK生活の魅力を考えていきたいと思います。

■一人暮らしの1LDK生活
一人暮らしのスタートは、1Rや1Kのお部屋を借りる人が多いと思います。
なぜなら、家賃を比較的安くおさえる事が出来るからです。しかし、食事や睡眠といった生活に関わることすべてを1つの部屋でしなければいけません。ですので、もう一部屋欲しいと思う人は多いと言われています。
そして女性は、洋服やバッグ、靴などの物がたくさんあるので収納に困る傾向があります。
1Rや1Kの部屋は、収納スペースも小さくなりがちだからです。
1LDKのお部屋は1Kに比べると家賃は高くなりますが、収納スペースが広めに確保されているケースが多いです。マンションごとに異なりますが、1LDKのお部屋にウォークインクローゼットがある場合もあります。
その為、別に収納ケースを買うといった手間も省け、お金の節約にも繋がるのではないでしょうか。
部屋数が増えると、生活スペースを別にすることが出来ます。
食事と睡眠の部屋を別に出来るのも1LDKの魅力と言われています。

■2人暮らしの1LDK生活
同棲を始めようと思っている人や、新婚さんのお部屋探しは、これからの生活への期待がとても大きいのではないでしょうか。
間取りも、1LDKを選ぶ人が多いと言われています。
1LDKの2人暮らしは自分の部屋を確保することは出来ません。しかし寝食と共にすることで、さらに仲が深まるのではないでしょうか。
ですが、ケンカした時も同じ空間にいなければいけません。ですので、マンションの近くにカフェなどのお店があると頭を冷やしに行けるのでオススメです。
子供が歩けるようになるまで、1LDKで暮らしている人も多くいます。それまで少しでも貯金をして、マンションや一戸建てなどの購入を目標にしているのです。
一人暮らしにとって1LDKは広い空間になります。しかし、2人暮らしの人には広いと感じることは少ないかもしれません。
2人分の洋服は量も多いはずです。ですので、引越しの前に必ず選別しまししょう。
余計な物を持っていかないようにすれば、部屋もすっきりします。
もしそれでも収納スペースに悩んだときは、ベッドに収納が付いている物を選ぶなどの工夫をするようにしましょう。

【関連リンク】

1人暮らしと2人暮らしの1LDKでの生活の違い ページ上部へ戻る