1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 仮住まいができる賃貸はどんなものがあるでしょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮住まいができる賃貸はどんなものがあるでしょう

住宅を建て替えたり、大規模なリフォームやリノベーション工事を施したりする期間には、一時的な仮住まいが必要になります。
短期間だけ住むことができるという仮住まいにはどんなものがあるのでしょうか。

仮住まいの期間とは

仮住まいの期間、は一般建物の工事期間にほぼ比例するといわれています。的に
30坪前後の住宅を建て替える場合、4ヶ月から6ヶ月程度の工事期間を要するケースが多いです。
リフォームなら、1ヶ月から3ヶ月程度の期間の仮住まいを確保する必要があります。
親戚などを頼って同居させてもらうというのも一つの手段ですが、通勤や通学に不便になってしまう場合もあるでしょう。

賃貸の仮住まいとは

一般の賃貸アパートやマンションでは、基本的に長期の入居者を希望しています。
賃貸の契約期間は通常1年未満では設定することができません。
もし、入居できたとしても入居時にかかる敷金や礼金、また仲介手数料など家賃の4ヶ月から6ヶ月分の大金の支払いが必要になります。
そして、入居の期間が短期間であれば、途中解約をすることになります。
しかし、家族構成や荷物の量に応じて物件を選ぶことができるという点ではいいのかもしれません。
他に賃貸の仮住まいで考えられるのは、マンスリーマンションです。
マンスリーマンションは、入居するときの契約金も安く設定されているというメリットがあります。
単身者であれば、マンスリーマンションは比較的利用しやすいものですが、家族世帯で住めるような広さの物件は希少です。
その場合は、2つの部屋を借りるなど費用が大きくなってしまうことも考えられます。

定期借家のメリット

賃貸物件での仮住まいを考える時、定期借家も選択肢に入れることをおすすめしたい思います。
定期借家は、契約の期間が自由に設定できるという大きなメリットがあります。
また、通常の賃貸物件での更新も定期借家にはありません。
仮住まいの期間が1日だけであっても10年の期間であっても良いという論理です。
契約期間を自由に設定でき、期間が満了になれば家主との合意によって再契約をすることが可能です。
仮住まい期間が1日だけというのはあまりにも極端な話しですが、数ヶ月の期間での入居を前提とする賃貸物件としては、定期借家も良い方法といえるのではないでしょうか。

仮住まいが必要になったときに、リフォーム業者が手配してくれるケースもあります。
しかし、一時的な仮住まいとはいえ、生活が不便にならないで済むよう自分で探すのが望ましいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

仮住まいができる賃貸はどんなものがあるでしょう ページ上部へ戻る