1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 未成年が一人暮らしをする際に気をつけること
このエントリーをはてなブックマークに追加

未成年が一人暮らしをする際に気をつけること

初めての一人暮らしは誰でも不安があるものです。
一人で生活ができるか、怖い目に合わないかどうかなど、初めての事だらけで心配になる部分は多いのではないでしょうか。
特に未成年が一人暮らしをする場合、部屋を探す所から心配な部分が多くなると思います。
本人だけでなく、家族も心配になることでしょう。

未成年でも安心して一人暮らしができる物件

今まで家族と一緒に生活してきた人が一人での生活を始めることは大きな不安がある事と思います。
未成年で一人暮らしを始める人の多くは進学が理由だと思います。
進学を機に一人暮らしを始める場合、学生向けの賃貸物件を選ぶと安心です。
学生向けの賃貸物件は、ほかの賃貸物件と比べて費用も安く、学生でも契約しやすい価格帯のものが揃っています。
進学予定の学校から近い物件を選べば通学にも便利です。
また、住人が学生ばかりで同じ境遇の人が集まっている為、友人が作りやすくなります。
一人で生活していくにあたって、人と交流する事はとても大事なことである為、大きなメリットと言えます。
学生向けの物件の場合、自動的に身元がはっきりしている住人ばかりになるので、家族にとっても安心できると言えます。

未成年が一人暮らしをする際のポイント

学生が一人暮らしを始めるときにはいくつか注意点があります。
学生の場合、入居者が未成年の可能性もある為、契約時には通常の賃貸契約と異なる場合があります。
未成年の場合、入居者本人のみの意思で契約を結ぶことは不可能であるケースがあります。
高校卒業とともに就職をして安定した収入がある人の場合は、入居者が未成年であっても入居者本人が契約を結ぶことが可能ですが、保証人として入居者の親権者が必要になる可能性があります。
一人暮らしを始めることに対して親権者が同意しているかを書面で証明する事を求められるケースが多いのです。
管理人や大家さんは契約者や入居者とのトラブルは避けたいと考えるものです。
未成年の入居は、賃金や入居の反対などトラブルが発生してしまうことも少なくありません。
その為、入居者が信用できるかどうかが大きなポイントとなるのです。
未成年であっても、入居者としてその部屋に一人暮らしをすることには変わりありません。
未成年であるということに甘んじずに、人として責任を持って一人暮らしをしましょう。

初めての一人暮らしは分からないことも多く不安な点がたくさんあるかもしれません。
一人でも安心して生活できる自分にぴったりのお部屋をみつけましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

未成年が一人暮らしをする際に気をつけること ページ上部へ戻る