1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 未成年の一人暮らしには親御さんが不可欠です
このエントリーをはてなブックマークに追加

未成年の一人暮らしには親御さんが不可欠です

高校を卒業して春から大学や専門学校に通う人も多いと思います。
その場合、一人暮らしをするために賃貸物件を探さなければなりません。
最近は携帯電話やスマートフォン、パソコンを持っている人が多いので気軽にインターネットで様々なことを調べることができます。
なので、事前にどのような賃貸物件が良いのか調べることができ、いざ引越し先は何処がいいのか親などに聞かれたときに気に入った物件があれば、すぐに手続きを行うことができます。
しかし、学生は未成年の方が多く契約手続きをするときに、ほとんどの場合親が居なければ契約をすることができないのです。
では、未成年が一人暮らしをするために、どういった条件があるのでしょうか。

未成年が一人暮らしをするためには必要不可欠な親御さん

未成年は成人ではないので、本人が契約することができない可能性が高いです。
しかし、未成年でも就職をしていて、安定した収入が得られている場合には、未成年の本人が契約することが可能です。
収入が不安定の場合は審査が厳しくなるので、やはり親御さんに契約をしてもらった方がスムーズに部屋を借りることができると思います。
ですが、学生となると収入がアルバイトなどをしていてもないに等しいので、収入が安定している親御さんに契約をして頂かなければならないケースが多くなります。
親御さんには契約に関する書類などの手続きで、不動産会社に足を運んでいただく場合もあります。
しかし、学生の場合は親御さんが居なくても、合格通知などと一緒に契約書類を添付して、郵送で書類を送るだけですむ場合もあります。
仕事で忙しくて都合がつかなくても、あらかじめ不動産会社や担当者に相談をしてみれば、足を運ばなくてもよい場合があるので相談してみると良いでしょう。

一人暮らしに必要な家具や家電

契約が済んでいざ引越しをすることになったときに、家具や家電を事前に購入しなければなりません。
テレビや冷蔵庫、洗濯機などの電化製品やテーブルやベッドなどの家具を揃えるだけで、およそ14万円以上の費用が掛かります。
学校に入学するときに掛かる入学金や新しい洋服、引越し代など沢山のお金が掛かります。
なので、家具や家電付きの賃貸物件を探すと良いのではないでしょうか。
専門学校では1年制や2年制の学校もあるので、短い期間で一人暮らしをする人には、家具や家電が付いているタイプの賃貸物件を視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

部屋の契約をするときや学校生活を送るにも親御さんの援助が必要になります。
なので、親御さんとよく話し合って賃貸物件を探すことをおすすめします。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

未成年の一人暮らしには親御さんが不可欠です ページ上部へ戻る