1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸生活では家賃以外にかかる更新料の事も知っておこう
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸生活では家賃以外にかかる更新料の事も知っておこう

賃貸アパート賃貸マンションを契約してほっとしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、毎月の家賃支払いだけでは有りません。賃貸に住んで、一定期間経過すると更新手続きが必要な場合が有ります。
必ずという訳では有りませんが、一般的には2年毎に更新手続きが必要というケースが多いようです。
初めて賃貸生活をする人は家賃意外にこれから支払う必要が有るお金の事をきちんと理解しておく必要があるでしょう。

賃貸物件の更新料

最初に賃貸物件の契約をする際の契約書に更新手続きが必要かどうかは明記されているため良く確認すると良いでしょう。
賃貸物件の更新料は、家賃の1ヵ月分から1.5ヵ月分が一般的のようです。
これは、大家さん側の収入となります。家賃が高い賃貸に住むと更新料も高くなるという事になります。
しかし、賃貸物件の更新手続きは法律で定められている事ではなく、古くからの慣習的要素が有ります。
そのため、賃貸物件の更新料が発生しない地域も有るようです。
例えば、大阪府福岡市では賃貸物件の更新料が発生しない地域と言われています。
しかし、絶対という訳ではないという事を理解しておきましょう。
賃貸物件の更新料は発生するという考えの元、生活していた方が良いかもしれません。

更新事務手数料

更新料とは別に、「更新事務手数料」が発生する場合も有ります。
これは、更新手続きをする際に仲介に入ってくれる不動産会社に支払う手数料となり、不動産会社の利益となります。
金額はその不動産会社によって違うようです。この更新事務手数料にも、発生する場合と発生しない場合が有ります。
それは、大家さんが自分の貰った更新料の中から、更新事務手数料を不動産会社に支払う事もあるからです。
大家さんが更新事務手数料を支払ってくれない場合に、借りる側の人が請求されるという事になります。

火災保険

賃貸契約の際に、火災保険の加入をする場合も有ります。
そのため、更新手続きのタイミングが火災保険の契約更新のタイミングになる人も多いでしょう。
その場合、更新手続きの際に、一緒に火災保険の更新をする事もできます。
不動産屋さんが窓口になってくれる事が有るからです。
賃貸に住んでいると、水漏れなどで下の階の人に迷惑をかけてしまう事も有るかもしれません。
そのような時にも、火災保険に入っていると、有る程度保障される場合があるため加入はしておいた方が良いでしょう。
不動産屋さんが用意してくれた火災保険のプランを良く検討して、自分に合った保険に加入する事が重要です。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸生活では家賃以外にかかる更新料の事も知っておこう ページ上部へ戻る