1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. アパートの更新とはどんなもなのでしょうか
このエントリーをはてなブックマークに追加

アパートの更新とはどんなもなのでしょうか

通常、アパートやマンションなどの賃貸物件では契約期間が定められています。
ほとんどの場合契約期間は2年で、期間が満了すれば契約の更新が行なわれることになります。
入居し続けるのであれば更新の手続きをしますが、退去するのであれば更新は行なわれず解約となります。
アパートに入居するときは、入居審査のために住民票や収入を証明する書類を揃えなければなりませんでした。
では、アパートの更新時の手続きはどんなものが必要になるのでしょうか。

更新の通知はどこからくるのか

アパートの更新は、更新時期になると大家さんや不動産会社から入居者に通知するのが一般的です。
大家さんがアパートの管理を管理会社に任せている場合は、管理会社が手続きを進めることになります。
更新のときは、入居当時と同じように契約書を作るのが一般的です。
また、2年経過した時点では入居者の状況が変わっていることも充分ありえます。
改めて保証人の捺印が必要になることもありますので、保証人の方とも連携をとっておきましょう。

更新にかかる費用とは

地域によってことなりますが、アパートを更新する際には、書類の手続きをするだけでなく更新料の支払いも発生します。
金額の目安は新家賃のおよそ1ヶ月分ですが、このほかに不動産会社への手数料として、更新事務手数料が請求される場合もあります。

更新の通知が来ないときどうするのか

契約期間の満了日を間近にしても、手元に通知が来ないときは不動産会社に確認してみましょう。
担当者が忘れている場合もありますし、郵便の都合で遅くなっている場合も考えられます。
賃貸契約の視点から言えば、仮に通知が来なくても定期借家契約ではない限り、住み続けることはできます。
場合によっては、自動更新されたものとして扱われるケースもあります。しかし、新規に契約することが正規の方法なので更新手続きは行ないましょう。

解約するとき

アパートを退去するために更新はしないという場合、入居者がしなければならないことにはどんなことがあるでしょうか。
それは、解約をするための通知を大家さんか不動産会社にすることです。
一般的に、解約の通知は契約満了のおよそ1ヶ月~2ヶ月前とされています。
解約の通知は、次の住まいを確保してから行なうのが最も良い方法です。
アパート探しはそうそう簡単に済むものでもありませんから、解約するのであれば次の住まい探しは早めに取り掛かる方が良いでしょう。
また、月の途中で解約をする場合の家賃は日割りで計算されることが多いようです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

アパートの更新とはどんなもなのでしょうか ページ上部へ戻る