デザイナーズ物件の定義

スゴいのは
見た目だけじゃない!

デザイナーズ物件とは、建築家やデザイナーのこだわりやコンセプトが反映された賃貸住宅。とはいえ、明確な定義はなく、単にオシャレな外観を持った賃貸住宅でも「デザイナーズ」と謳われていたりします。よく連想されがちなのが「コンクリート打ちっぱなしの外壁」ですが、そのほかにも一般の物件では見られない設備やデザインが満載です。

デザイナーズ物件って
「コンクリート打ちぱなっし」のことかな?

デザイナーズ物件というと、連想されがちなのが「コンクリート打ちっぱなしの外壁」に代表されるスタイリッシュなデザインの建物。でも、それだけではありません。全く間仕切りがないワンルーム、螺旋階段が部屋の中にある部屋など、普通の物件では考えられない設備やデザインが魅力です。また、キッチンが部屋の真ん中に配置されていたり、バスやトイレがガラス張りであったり、洗濯機や電子レンジを収める収納スペースで生活感を出さない構造であったりすることも。インテリアや家具までレイアウトされている部屋が多いのも特徴です。

こうした一風変わった造りは、デザイナーや建築家のこだわりやコンセプトが反映されています。そのため、デザイナーズ物件は建築家やデザインの「作品」と言うこともできます。そうした作品に住むことは憧れであり、ある種のステイタスと言えるでしょう。

デザイナーズ物件と思ったら
オシャレなのは外観だけで中は普通だった

かっこいい外観を見て、デザイナーズ物件に違いないと思って内見に行ってみたら、部屋の内観は意外とほとんど普通の物件と変わらなかった、なんてこともあるではないでしょうか。もっとオシャレで個性的な物件をイメージしていたので、ガッカリさせられることもありますが、実はデザイナーズ物件に明確な定義はありません。

有名な建築家や設計事務所が監修していたり、グッドデザイン賞などの受賞歴があればわかりやすい特徴と言えるかもしれないですが、普通の間取りにオシャレな床材や壁紙を貼って「デザイナーズ」と呼ばれたりもします。また、普通のマンションとはちょっと違うだけの外観や内装というだけで、「デザイナーズ」と謳っている場合もあります。実際に物件を見てみないと、イメージが持ちにくいかもしれません。あえて定義づけるとすると、こだわりある外観やインテリア、斬新なプランニングやコンセプトなどを持つ賃貸住宅と言ったところでしょうか。

こだわりのデザイナーズ物件を探すなら、店舗の人に相談できるおまかせ物件リクエストを活用するとより希望の部屋に出会える可能性が高くなります。

一人暮らしあるある

  • 誰もが経験するありがちなパターン 「デザイナーズ物件」あるある

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

デザイナーズ物件の定義 ページ上部へ戻る