退去にかかるコストを減らす

原状回復費と二重家賃を
減らすには?

部屋を住み替える際、どうしても避けられないコストが原状回復費と二重家賃です。ただ、避けられないからといって、無計画に引っ越しをしてしまうと、ムダなコストが出てしまいます。やり方次第では、これらのコストを抑えることもできるのです。

敷金を多く取り戻したいので
退去時に掃除をしまくる

部屋の状態にかかわらずクリーニング代が一律の場合は、どんなに掃除をしても返還額は変わりません。もちろん、全額返還される場合もありますが入居時の資料に退去時にかかるお金が記載されていますので確認しましょう。

原状回復費を抑えたいのなら、やはり日頃からこまめに掃除をして部屋をキレイに使うことが最も効果的です。ちなみに、建物や設備が自然に劣化したり、普通に暮らして損耗したりした分については、入居者ではなくオーナーの負担で修繕することが義務づけられています。入居者の負担になるのは、入居者の故意や過失、または善管注意義務違反などによる損耗です。

新居を決めずに退去日だけ先に連絡して
焦ったあげく新居探しに失敗

まず、旧居の家賃の支払い日はいつまでか、契約書を改めて確認しましょう。一方、新居の家賃は多くの場合、契約した時から日割り家賃が発生します。新居への引っ越しがいつになるのかによってタイミングよく契約しないと、旧居の家賃と新居の家賃を二重に支払わなければならない日数が多くなり費用がかかります。それを踏まえた上で新居探しができれば、コストを抑えることができるはず。

でも、二重家賃を抑えたいからといって、安易に退去日を決めてしまうと、部屋が見つからない場合、とても危険です。焦ってお部屋を探すのではなくある程度の余裕を持って計画しましょう。

一人暮らしあるある

  • 誰もが経験するありがちなパターン 「退去時の注意点」あるある

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

退去にかかるコストを減らす ページ上部へ戻る