1. 賃貸・不動産アパマンショップ
  2. 香川県 賃貸
  3. 地域から探す

香川県の地域から賃貸(賃貸マンション・アパート)物件を探す

さらに町名を絞り込む 希望条件を指定する 検索する

新着物件

口コミ情報

丸亀市(男性40歳)

香川県は日本で一番面積の狭い県でしたが、楽しみがいっぱい詰まった素晴らしい所でした。まずは、都会と比べて、あまり密集した建物が少ないので、それだけで落ち着きます。車が主要な移動手段で、車がなければ生活は難しいとは思いますが、都会のような渋滞がありません。自然に囲まれてるので、空気が美味しく感じられました。食は、やはり「うどん」と「鳥」でした。うどんのお店がやたらと多く、昼ご飯は、ほぼ「うどん屋」に行っていました。店によって、全く、違う味なので飽きる事もないです。自分にあった店探しが楽しいです。また、ギャンブルも一通り揃っていました。パチンコ屋の数も多く、競艇もありました。休日は、お寺巡りをしたり、金比羅山や、温泉に行ったりと、都会にはない遊びに飽きる事がありませんでした。かなりオススメな県だと思います。

香川県高松市西の丸町(男性33歳)

若いときに仕事で香川県に3年住んでいました。住んでよかったなと思うことは食べ物の美味しいところがよかったと思いました。香川県といえばうどんが有名で少し車を走らせるといたるところにうどん屋さんがあります。人気のあるうどん屋さんには県外から多くの人が押し寄せ写真を撮ってSNSに投稿するなどして大盛況です。お昼時はかなり並ばないと入れませんがさすがはうどんの発祥の地だけあって並んでも食べたくなるほどコシが強く美味しいです。もうひとつの香川の食べ物として有名なのが骨付き鳥です。多くの香川県民が休日にビールを片手に一家団欒で食べている姿をよく見ました。今はもう住んでいませんがいつかまた住みたいなと思います。

タイプから探す香川県の賃貸物件賃貸物件情報を住居形態で絞り込みたい方はこちらから。

住む街研究所で香川の情報を見る

香川県でお気に入りの街を見つけましょう

ブームから、今や日本人の誰もが知る食文化へすっかり定着した讃岐うどんの本場、香川県。県面積は日本一せまいですが、平地が多いので可住面積が多いのが特徴です。香川県は高松市、さぬき市、小豆島などの「東讃」と、丸亀市、坂出市などの「西讃」の2エリアに大別されます。人口が最も多いのは高松市、ついで丸亀市、観音寺市、坂出市と続いています。香川県の賃貸物件は、人口の多い地区と比例しており、一番物件数が多いのは高松市となります。中心部にはJR線のほか高松琴平電鉄が琴平線、長尾線、志度線が走っており、この私鉄沿線エリアに駅近物件が豊富にそろっています。単身者向け1DK、1LDKから、ファミリー世帯向けの3LDKやそれ以上など、条件に合わせて探すことができます。特に人気が高いのは栗林駅周辺、また琴平線3線が集まる瓦町駅周辺です。高松市に続いて物件数が多いのは丸亀市、観音寺市、坂出市となっています。高松市よりは物件数は少なくなりますが、部屋数や条件に合わせて探せます。香川県ではうどん巡りのコースを案内したり、うどんを食べ歩けるバスを運行するといった試みもしています。足を伸ばして小豆島まで行けば、オリーブ畑の広がる景色に異国情緒を感じることも。さらにアートを感じる瀬戸内芸術祭の開催も楽しみです。狭い県ながらに楽しみ方は多方面になるのが香川県で暮らす魅力です。【香川県】人口:約98万人 県庁所在地:高松市 隣接都道府県:徳島県、愛媛県、岡山県

香川の賃貸物件を地域から探す ページ上部へ戻る

Show Content