街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)お料理レシピ>美肌効果が期待出来るじゃがいもを使ってジャーマンポテトを作ろう

美肌効果が期待出来るじゃがいもを使ってジャーマンポテトを作ろう

2015年07月26日(日)
0 0 0 0

美味しいジャーマンポテトを作ろう

じゃがいもは北海道が生産量の多くを占めている

広大な大地が広がる北海道は、全国のじゃがいも生産量の7割ほどを占めています。
北海道ではじゃがバターなどが美味しいですし、じゃがいも好きにはたまらない地域です。
そんなじゃがいもですが、美肌に効果がある食材でもあることをご存知でしょうか。
じゃがいもにはみかんと同じくらいのビタミンCが含まれています。
ビタミンCは、お肌のハリを保ち、弾力のあるもちもち肌にしてくれるコラーゲンの体内生成を促進します。
じゃがいもと一緒に肉や魚、卵を食べれば、お肌のハリやたるみの予防が更に効果的に行われるそうです。
冷え性に悩んでいる女性にも、じゃがいもはおすすめの食材です。
でんぷん質のじゃがいもが身体を温めてくれます。
冷えで身体の調子が悪くなるとお肌も荒れてきますので、じゃがいもを食べると良いでしょう。
抗酸化作用もあるビタミンCは、紫外線によるお肌の被害を防いでくれます。
紫外線が強くなる春や夏は特に意識して食べると良いかもしれません。
そして、じゃがいもはパンやご飯に比えて低カロリーでもあります。
美味しいものを食べてダイエットしたい女性にもおすすめです。

ジャーマンポテトの作り方

今回は、簡単なジャーマンポテトの作り方をご紹介します。
付け合せやお酒のつまみにもなり、子供が喜ぶ夕飯のメインのおかずにもなるので作り方を覚えておくと良いのではないでしょうか。
材料は、じゃがいも小2個、にんじん2分の1本、ベーコン20グラム、玉ねぎ2分の1個、塩コショウ2つまみ、しょうゆ適宜となります。
まず、じゃがいもを一口大に切り、電子レンジで約5分加熱します。
玉ねぎはくし切りに、にんじんは食べやすい大きさに適当に切ります。
次に、フライパンでベーコンを炒め、油が出てきたら玉ねぎを入れます。
最後に、にんじんとじゃがいもを入れて、じゃがいもに焦げ目が付くぐらいまで炒めます。
塩こしょうをふりかけて完成です。
これは一例ですが、他にもブラックベーコンやコンソメ、パセリなども使ってジャーマンポテトを作るレシピもあります。
ベーコンではなく、ウインナーソーセージを使っても美味しいです。
チーズやマヨネーズなども加えてもビールが進む美味しいジャーマンポテトになります。
ジャーマンポテトは、作っている間に美味しそうな匂いがしてきて食欲がそそられます。
最後のパセリなどを加えると一層良い香りになり、料理のアクセントにもなります。
じゃがいもをほかほかの状態にするために、今回は電子レンジを使用しましたが、薄くスライスしてフライパンで焼いて調理することも可能です。

執筆者:saori

関連リンク

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?