街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

駒込の名所 六義園

2015年08月15日(土)
0 0 0 0

駒込の名所 六義園

山手線の駒込駅。
閑静な住宅街で山手線沿線でもめずらしい一戸建てが多いこのエリアは
駅からすぐのところに六義園という庭園があります。
読み方は「リクギエン」です。

さて、この六義園は春はサクラ、秋は紅葉、庭園内には泉もあり新緑の季節も水の青との調和がとてもきれいな場所です。季節問わず散策できる庭園です。
庭園内は普通に歩くと30分程度ですが写真を撮ったり、植物を観察したりしながら歩くと2時間前後はゆっくりできるかと思います。

でもこの六義園ってなぜ数字の六がついているかというと、漢詩の分類法「風」「雅」「頌」「賦」「比」「興」から来ています。これももとに紀貫之が新古今和歌集の中で六義(むくさ)という和歌の基調に借用したものといわれています。
和歌に造詣の深い柳沢吉保が自らの屋敷の庭園の名称にしたといわれています。

この六義園は夜、ライトアップした際には幻想的でデートにもぴったりです。
また回遊式築山泉水庭園という庭園内に山や島、また泉を作り人工的に作ったとは思えない自然な風景がある庭園です。
11月、12月には21時までライトアップされるようです。
また、全然違う風景が見れると思います。
自然の美しさに人工的な光のまばゆさが見れるのではないかと今から楽しみです。

執筆者:坂本 宏治

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?