街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

部屋に合った機能付カーテンを使う

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

カーテンの機能を活かした利用 部屋や環境に合わせるカーテン

特殊な機能付カーテン

住宅にはカーテンを一枚も使わないというお宅もあるかと思いますが、最近の住宅ではカーテンは必須のものではないでしょうか。
特に、賃貸住宅の場合にはカーテンはなくてはならないものでしょう。
カーテンも様々な機能を持ったものが多く販売されていますから、機能を利用して過ごしやすい環境を作っていきましょう。
部屋の環境だけではなく、職業柄、深夜の帰宅や夜勤が多く昼に家にいで眠る必要がある方などは考えてみるといいでしょう。

寝室や深夜勤務の方には遮光カーテンがオススメ

寝室は東側に向いている場合には、朝日で目が早く覚めてしまうという方、朝方に帰って昼に寝る必要がある方には遮光カーテンがオススメです。
遮光カーテンには光の遮り方で3段階に分かれていますので、希望の暗さを確保することができるでしょう。
寝室が道路に近い、近隣と近いといった場合には、遮光性に防音機能が付いたカーテンもあります。
若干、価格は高くなりますが、安眠には変えられないのではないでしょうか。

西側の部屋にはUV機能付き、遮光カーテンがオススメ

西日が強い部屋には、遮光機能付のカーテンがオススメです。
帰宅時に気温が上がっていて、クーラーの設定を強めるという方も多いのではないでしょうか。
日中の気温の上昇を抑えることができると、クーラーの電気使用量を抑えることができるので節約にもなるでしょう。
和室で、西日が入る部屋では畳の日焼けが着になるところですが、UV機能付のカーテンにすることで日焼けを防ぐこともできるでしょう。
和室では、真っ白のレースではなくベージュやアイボリーなどの柔らかい色合いを選ぶといいでしょう。

キッチンや子供部屋には洗濯ができるカーテン

キッチンや子供部屋には、洗濯をしても大丈夫なウォッシャブル機能付のカーテンがオススメです。
どちらの場合にも汚れ易いので、選択の回数が増えてもサイズの変化が少ないカーテンを選ぶといいでしょう。
汚れが付きにくい機能付のカーテンもあるので検討してみるといいでしょう。
防炎機能、防汚機能、撥水機能付なら、子供部屋には安心でしょう。
撥水機能や防炎機能は繊維製品の防火、防水性試験に合格した証明が付いているものを選ぶと安心です。
日差しの強い西側には、植物で作るグリーンカーテンなどもオススメです。
ゴーヤや、アサガオ、フウセンカズラなど、つる性の植物が向いています。
植物のカーテンがあるとないとでは、最大10度前後の温度差があるとも言われています。
ゴーヤなら、エコカーテンと収穫もできるので、楽しみながら育ててみるのもいいのではないでしょうか。
育てられる植物は環境によっても異なりますから、お花屋さんに相談してみるといいでしょう。
壁にツタなどを這わせるだけでも、部屋の温度は下がるようです。
日照時間の長い壁面でも、植物を育ててみてはいかがでしょう。

執筆者:EMIKO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?