街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)美容・エステ>鏡と写真の顔の違いはメイクで解消!

鏡と写真の顔の違いはメイクで解消!

2016年01月26日(火)
0 0 0 0

写真写りが悪いのはメイクのせいかも?

普段見ている顔と違う原因は…

突然ですが、普段鏡で見ている顔と、写真に写っている顔で違いを感じたことのある方は多いのではないでしょうか?
鏡で見ている自分はもっと可愛いはずなのに…。と内心思っている方、おそらく「写真写りが悪い」という一言で済ませていると思います。
しかし忘れてはいけないのが、周囲が見ている顔=写真に写っている顔という事です。

鏡で見たときの顔と違う理由としては、鏡は左右対称に物を移す性質があるためといわれています。
具体的にいうと人には利き目があり、顔の左右どちらかを強く認識します。
そして、強く認識した半分が反対側にも影響するので、実際の顔と違う顔が映るそう。
また、鏡に向かうときは自然と顔を引き締めた表情を作るため、普段よりも引き締まった顔立ちになっているそうです♪
これだと写真に映った顔と鏡に映った顔がまるで違うのも頷けますね!

左右の顔の違いをメイクで修正☆

写真撮影せずに顔の歪みを知るためには、リバーサルミラーという鏡を使いましょう。
リバーサルミラーとは、左右反転させて物を移す鏡のことです。
これを使うことで、他の人々が見ている自分の顔を知ることができます!
わざわざ買うのはちょっと…。という方は、スマホのアプリでも左右反転させるミラーがありますので、そちらがオススメです♪

リバーサルミラーを使うと、自分の顔がどのように歪んでいるか分かるようになります。
少しショックを受けるかもしれませんが、あまり気にせずにメイクで矯正していきましょう!
片側の目だけ大きかったらアイシャドウの陰影で大きさを調節できますし、片側の頰だけが出っ張っているのならノーズシャドウで目立たないようにしましょう。
メイクの仕方を少し変えるだけで、全体の顔立ちもまるで違ったものになってくるはずです!

なんで左右対称だと良いの?

しかし、ここまで見てきて「何で左右対称にさせるわけ?」と疑問を感じた方もいるでしょう。
それは、基本的に「平均的な顔=美形」と感じる傾向があるからです。
平安時代ではいわゆる「おかめ顔」が美人とされていたという話を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
それは、平安時代ではおかめ顔の方が大多数だったからといわれています。
昔の美術品などを見ていて、何となく美的感覚が違うように感じられるのも大体同じ理由ですね。
左右の顔立ちが違うという事は、個性の強い顔立ちということになります。
そして、左右のバランスを良くする=個性をなくす、つまり美人になるという事なのです!
このメカニズムを知って、美人になるメイクをしてみましょう♪

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?