街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)ガーデニング>手間がかからない!?多肉植物の育て方

手間がかからない!?多肉植物の育て方

2015年08月21日(金)
0 0 0 0

多肉植物の育て方について紹介します。

多肉植物を知っていますか?

ガーデニングというと、花や植物を育てるイメージが強い人が多いでしょう。
みなさんは、「多肉植物」をご存知でしょうか?
多肉植物とは葉や茎などに水分を蓄える植物のことです。
そのため、乾燥に耐えることができます。
水やりをする頻度が少なく、手間がかからない植物です!
多肉植物にはカラフルな色のものやシックな色のものなど、さまざまな種類があります。
形も可愛いものからグロテスクなものまで幅広くあります。
さまざまな種類の多肉植物を同じ鉢などに入れると、綺麗なオブジェにもなります。
家の中に置くと、インテリアとしても楽しむことができますよ♪

多肉植物の魅力☆

多肉植物の魅力について、少し紹介したいと思います。
多肉植物と聞くと緑色のイメージが強いですが…
カラフルな色の花が咲く多肉植物があります。
花が咲くことで、一層鮮やかになり、華やかになります。
それから、紅葉する多肉植物があるのです♪
水と肥料を少なくして日光を多くすると、紅葉がしやすくなります。
紅葉時期には赤・ピンク・黄・オレンジなどに色づいて、時期がくると色が戻っていきます。
家の中で紅葉が見れるなんて、びっくりですよね!

簡単に育てることができる多肉植物

多肉植物は水分を蓄えることができる植物です。
そのため、水やりを毎日する必要がありません。
また、植物自体の手入れもさほどすることがありません。
定期的に水やりをする…それだけなのです!
寄せ植えも簡単にできる為、初心者の方でも大丈夫です♪
多肉植物は鉢以外でも寄せ植えを楽しむことができます。
家の中にある物でも代用することができます。
フライパン・鍋・コーヒーカップ・グラス・空き缶・ペットボトル。
ジョウロ・花器・バケツなど。
代わったものに多肉植物を寄せ植えすると、また違う雰囲気が出ます。
インテリアとして室内に置くとオシャレ度がアップするような…
使える物があったら、是非試してみてください。

多肉植物に水やりをする時にはポイントがあります。
暑い夏に水やりをする時は、なるべく涼しい日の夕方にすると良いです。
日中の暑い時間帯に水やりをしてしまうと、水がお湯になってしまいます。
お湯になってしまうと、多肉植物に大きなダメージを与えてしまうのです!
それから、寒い冬はなるべく暖かい日の朝にすると良いです。
夜に水やりをすると、土やあげた水が凍ってしまう可能性があるからです。
多肉植物にダメージを与えてしまう原因になりかねません。
水やりをする時は、タイミングも大事といえますね!

執筆者:TOMOKO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?